ひとりのみ日記

ひとりのみ日記

ひっそり一人飲みをしています

ようやく一人飲みデビューを果たしました!

先日の、雨の降る夜、ついにやりました…。小心者でけちんぼのせいか、どうしても一歩を踏み出せなかったひとり外飲み。40過ぎてようやくデビューすることが出来ました。

でも実際にお店の扉を開けるまでの、私の心の中の葛藤があなたにわかるでしょうか?

f:id:hitorinomiko:20181016213843j:image

お店がある駅に向かう電車の中で。駅の改札で。時間が早過ぎたため途中で立ち寄ったブックオフで。道に迷ってたどり着いたスーパーの中で。ようやくたどり着いたお店の扉にかかっていた「準備中」の看板の前で…。

何度も心が折れそうになりました。

このまま帰っていつも通り家飲みにしちゃおうかな。

雨の中、飲み屋に行く道に迷うなんて。

必死に地図を見てるかわいそうなオバちゃん。周りの人に飲み屋の場所を探してるってバレたら恥ずかしっ。

 

そこまでして一人飲み、必要?

 

しかも3分前に着いちゃったよ。ここで待つの?おまけに隣の店のお兄さんが呼び込みを始めちゃたし。目が合っちゃったじゃん。もうこっちでいいかな。いやでもどんなお店かわかんないし。

とりあえずこの辺を一周して来よう…。

そして3分後、小さな勇気を振り絞ってお店の扉を開けたのです。

それは、新しい世界への扉でした。