ひとりのみ日記

ひとりのみ日記

ひっそり一人飲みをしています

神奈川県の酒蔵

私の好きな隆を造っている川西屋酒造は神奈川県の酒蔵です。神奈川県にも酒蔵があるんだー、と思い調べてみると、神奈川県には13もの酒蔵がありました。

意外です。

f:id:hitorinomiko:20200225214619j:image

半数近くは小田原のほうにあります。

それならなんとなく納得。

残草蓬萊の大矢孝酒造も神奈川でした。

 

www.kanagawa-jizake.or.jp

 

今日のお酒:丹沢山 純米酒 生原酒

今日のお酒は、神奈川県の丹沢山 純米酒 生原酒

精米歩合 70%

アルコール分 13度

日本酒度 +4

要冷蔵保存

四合瓶で¥1300+税

f:id:hitorinomiko:20200224203630j:image

私の好きな隆を作っている酒蔵のお酒です。

hitorinomiko.hatenablog.com

 

まず、ラベルが可愛い。黒猫が座っている横にうっすら梅の木が透けて見えるのがオシャレ。私のお気に入りのネコグラスとよく合います。

味は、旨味たっぷりの隆と比べると薄い気がしますがほんのり甘みがあって美味しいお酒です。

f:id:hitorinomiko:20200224213706j:image

外で日本酒を楽しく飲んでいるときにガッカリすること

以前あったことです。

その日もカウンターでひとりひっそりと日本酒を楽しんでいました。

ハタから見たら、ひとりでお酒を飲んで嫌なことを忘れようとしている可哀想なおばちゃんに見えるかも知れないけど、本人はとても楽しんで生き生きしている瞬間なのでどうぞお気遣いなく、放っておいてください。

そんな至福のときを過ごしているときに、一気にテンションが下がる出来事がありました。大したことではないんですが…。

一つ席をあけて、男性が座っていたんです。常連さんらしく、カウンター越しに楽しそうに店員さんと話していました。

それは良いんです。もちろん。

しばらくして、その男性の連れの女性が合流し、私の隣に座ったんです。若くて綺麗な女性の雰囲気が漂っていました。

見たわけではなく、漂って来たんです。強烈な香水の香りとともに。

くっさー。

加齢臭を撒き散らしているおばちゃんに言われたくないと言われちゃうかもしれないけど、香水くっさー。

席を変わりたいけどそんなこと言えない😩

もう一杯飲みたかったけどもう帰る😭

f:id:hitorinomiko:20200223185121j:image

バブルのころに見たテレビ番組で、女子アナがカウンターのお寿司屋さんで食レポをしていました。するとそこの大将が、香水なんて付けて来んな。と女性レポーターに注意をしたんです。テレビのこちら側では匂いはわからないけど、ハッとした覚えがあります。その記憶が強烈だったせいかお年頃になっても香水とは無縁の私。他人の香水には不寛容です。

日本酒バーに強烈な香水なんて、付けて来ないでー。でも加齢臭は許してー。

 

今日のお店:『采』三軒茶屋

今日は久しぶりに三軒茶屋の日本酒立ち飲みバー「采」に行きました。何回か行ったことがあるので道に迷いがちな私でも迷わず到着。

ここはひとり用のおつまみセットが抜群に良いんです。味、量、種類、内容、コスパ、全部良い。お通しのお粥も美味しい。でも欲を言えばお粥は最初じゃなくて最後に欲しいんだけどね。でもそんな贅沢は言いません。

お酒の種類もたくさんあって、90mlで一律¥500。どれにするか本当に迷う。

一杯目は私の好きなフルーティな陸奥八仙のピンクラベル。

二杯目は吟醸ではなく純米酒が良かったんだけど純米酒が少ない上にピンと来るものがなく…。すごーく迷って黒牛にしました。

今日のお酒

  • 陸奥八仙 ピンクラベル 吟醸生酒 ➡︎ やっぱり美味しい。
  • 黒牛 生酒原酒 ➡︎ まさかのアルコール分18.5度! でもとても美味しい。

いつもは3杯飲むけど今日は2杯。黒牛のアルコール分が高かったから、2杯で3杯分酔いました。

f:id:hitorinomiko:20200222221608j:image

今日のお会計 ¥2200

  • お通しお粥 ¥300
  • お酒 ¥500×2
  • おつまみ盛合わせ ¥900

ごちそうさまでした。

f:id:hitorinomiko:20200222101414j:image

全部美味しい。鶏は柔らかくてしっとり。ポテトサラダにはピンクペッパーが。

f:id:hitorinomiko:20200222222041j:image

今日のお粥はゆかりとしらす。美味しい。

f:id:hitorinomiko:20200222222851j:image

不要不急の外出

不要不急の外出、集まりは控える方が良いようですが、不要不急ではない外出とはなんだろう。産気づいた妊婦が病院に向かうことぐらいしか思いつかない。

私のひとりのみ…。

明らかに不要不急。

でも集まりではない。

しかし飲み屋は繁華街にあるから集まりになるのか?

人通りの少ない住宅街の飲み屋で開店と同時に入店し、ほかのお客さんが来るまでテーブル席で壁を向いて座って飲めば良いのか?

そこまでしてこんな時期に飲みに行くなんて非常識、そんなに飲みたいなら家で飲めば?って言われちゃうのかな。

でもひとりだし。

飲み屋さんは商売上がったりなんだろうな。それなら私が飲みに行って少しでも貢献してあげたい。

でもひとりだから。貢献っていってもたかが知れてる。

今まで通り、月に2〜4度ぐらい、ささっと飲みに行く程度なら許される?

早く元通りの生活に戻れると良いな。

世界中の頭良い人たちが、一日も早く特効薬を作ってくれますように…😷

f:id:hitorinomiko:20200221213103j:image

今日のお酒:秩父錦 甕口酒

今日のお酒は、埼玉県の秩父錦 甕口酒 2020 本醸造しぼりたて生原酒

精米歩合 60%

美山錦 100%

アルコール分 20度

醸造アルコール

f:id:hitorinomiko:20200220215727j:image

「甕口酒」初めて見ました。「かめくちしゅ」と読むようです。

「甕口酒とは、もろみの搾り口から垂れてきた何も手を加えないお酒のことです。蔵人しか味わうことのできない最も新鮮なお酒を心ゆくまでご堪能ください。」以上ラベルより。

普段飲んでいるお酒とちょっとタイプの違う美味しさ。びっくりします。

口に入れたときはまろやかで華やか。吟醸酒の華やかさとはまたちょっと違うような感じがします。

そしてアルコール分20度というパンチ力。舌とのどが痺れます。

これは美味しい。でもたくさんは飲めないし、飲まない方が良いと思います。

 

 

北陸製菓のビーバー

私の行きつけの福光屋は石川県の酒蔵です。先日福光屋で、同じ石川県のビーバーというお菓子が売っていました。珍味系のおつまみが豊富な福光屋でスナック菓子とは珍しい。私も嫌いじゃないので買ってみることに。しかしビーバーってどこかで聞いたことあるような…。

サクサクで香ばしくて美味しかった。小分けサイズがあればもっと良いんだけど。

f:id:hitorinomiko:20200219224244j:image

そうだ、思い出した。ビーバーって、白えびビーバーが話題になっていたやつだ。八村選手がチームメイトに配って評判が良かったというあれ。福光屋には普通のビーバーしかなかったけど、白えびビーバーのほうもぜひ食べてみたい。

f:id:hitorinomiko:20200219224312j:image