ひとりのみ日記

ひとりのみ日記

ひっそり一人飲みをしています

今日のお店:『㐂尾(ななお)』神田

今日のお店は、神田の『㐂尾』。

能登の食材と地酒を楽しめるお店です。

加賀 能登の旬彩と地酒 㐂尾(ななお) (@TomNakanaka) on Twitter

 

神田だし、立ち飲みだし、常連さんがいっぱいいそう。不安に思いつつ初めてのお店に向かっていると、前を歩いていた若くてお洒落な女性が私のお目当てのお店に入るではないですか。

良かった!安心して私も後に続きます。

店内は細長いカウンターのみ。

奥では3人の常連さんが盛り上がっています。

若い女性は真ん中に。私は入り口側に。

若い女性は店員さんと親しげに話しています。常連さんなのねー。

ここは三軒茶屋の立ち飲み『采』よりカウンターが細く、中の店員さんと近い。照明も明るい。なので、一人で飲むといっても店員さんや他のお客さんとコミュニケーションを取りながら、というタイプのお店だと思います。

ちなみに荷物置き場は足元の籠ではなく、テーブルの下のフックにぶら下げるタイプ。こんなのがあるんだ。便利〜!

 

hitorinomiko.hatenablog.com

 

 

まずはお得なお任せセット¥1000を注文しました。

お任せセットは、石川県のお酒90ml、その他の地酒60ml×2、お刺身、のセットです。

今日のお酒は、

能登の白菊 本醸造

山梨の旦 純吟

神奈川のいづみ橋 純吟

 

f:id:hitorinomiko:20181022223404j:plain
f:id:hitorinomiko:20181022223730j:plain

 

おつまみも安くて種類が豊富です。桃の天ぷらというのもありました。

 

常連さんと店員さんの会話を小耳に挟みつつひとりぼっちで飲んでいると、手持ち無沙汰のせいかセットのお酒はあっという間に飲み終わってしまいました。そこで岐阜の始禄純米120mlを追加。これも美味しい。

 

帰ろうと思ったタイミングで、福岡のポルチーニというお酒が登場しました。香りがポルチーニらしいです。興味があったのでつい、頼んでしまいました。120ml。残念ながらポルチーニの香りはわかりませんでした。そして、飲みすぎてしまいました…。おつまみを余り頼まなかったのもいけなかった。

お店が狭くてカウンターの後ろがすぐ壁だから寄りかかれるのが楽でした。

 

f:id:hitorinomiko:20181008085713j:image

ちょっと飲みすぎて気が大きくなったせいか、隣の女性と、後から来た別の常連さんと、店員さんとの会話にちょこっとだけ参加できました。

次にまた同じお店で同じ人に会ったら「この前はどうも〜」とか会話して、飲み屋の知り合いとなるんですかね。私には全くもって不可能ですが…。

 

今日のお会計:¥2400ぐらい

  • お任せセット ¥1000
  • 始禄 ¥500
  • ポルチーニ ¥500
  • レンコン ¥280ぐらい

ごちそうさまでした。

f:id:hitorinomiko:20181031145849j:image